自分の生き方について、どこに主軸をおくか。

愛するみなさま

いつもみんなのヒーリングルームに来てくださってありがとうございます!^^)

愛と信頼のやり取りを感謝いたします! ^^)

今日のお話は必要な方に。。

自分の生き方について、どこに主軸をおくか。

~がなければ~だ。

~がないから~だ。

理想の望む形があり、それが、たった今実現していないから、私はつらい、

とは、よく聞く話です。。

理想の何か、、が、こころの中の望みとしてあるのはいいことです。

ただ、、そのプランがまるで、自分の全存在と同じくらいの勢いで、実現しなくてはならないのに、そうなってない、、という軸でとらえると、、

その実現してほしい何か、、の動向に、気持ちが、ぶんぶん振り回されるかも。。

それがいい時は、自分もパワフルになり、、いいのですが、、

でも、もし、ちょこっと、雲行きが怪しくかんじられるような時、、

必要以上に落ち込むかも。。。

これは、その物事自体がどうだから、というのもあるでしょぅけれど、

それより、

それがうまくいくかどうかで、自分の人生は~だ!と、強い感情をのせて判断しているから!

でも、それが~だからといって、本当に、あなたは~だ、というわけでもない!そんなふうに思っているだけだから!

事実と、それを事実のような勢いで感じることは、ぜんぜん違う。

単に、自分で決めたことに対して、振り回されているだけかもしれない!

この、<~になってほしい>プランを、ぎゅっと握りしめるのではなく、少し手放してみるのもいいのかも。。

その件がどうあれ、

あなたは、自分として、<どう在りたいか>

これは、いつでも選択できる。

自分のできることに、視線を向けよう。

そして、そうなってほしいプランについて、あなたと関わる人(たち)の最善を信頼して、少し手放してみることもいいのでは。。

最善のタイミングで、そうなるべき時に、最善になっていればいいので。。

その展開は、あなたの思っていたプラン通りかもしれないし。あるいは、もっといいことかもしれない。。

そのプランが、息継ぎできるような、ほっ、とできるような空間も、もっていたらいいかもしれない、、という話でした。 ^^)

・・

人生ドラマの流れを信じて。。 ^^)

・どうしても仕事を辞める必要を感じ、仕事を辞めた女性。このタイミングで辞めて、だらんだらんしていた(本人談)時期があったから、むしろ、一生の仕事と出会えた人。

・お仕事を辞めた後、家族の病気発症が明らかになり、闘病、看取りまで、じっくり付き添えた、大切な家族の時間を過ごせた、という人。

・友人がくれた、あまり気乗りがしないコンサートに出かけたら、たまたま、隣に座った男性と話が合い、、恋が芽生え、結婚したという人。

・大学を浪人することになりがっかりしていたが、その次の年に、一生付き合える親友と出会えた人。

・ずっと専業主婦だったけれど、75才になって、おそるおそる、はじめての!パートに出てみたら、とてもハッピーだった人。

・45才で旦那さんと死別し、髪振り乱して、3人の子供を、ひとりで育て上げた。その後ずっと一人だったが、82才になった今になって、ボーイフレンドができ、ラブラブな人。

その時、その場所で、、人生の不思議な可能性も受け入れて。。(*^^*)

あなたに愛をこめて。