私、(自分の人生を)生きているよ!

親愛なるみなさま

今日も、あなたがいてくださることを感謝いたします!^^)~♡

私、(自分の人生を)生きているよ!

それぞれの人が、自分の人生を生きています。

この文章を、今、まさに読んでおられるあなたも、ご自分の人生を生きています。

東京のある町に、犬猫のペットフード、ベッドなど、ペットに関する商品を販売しているお店がありました。 店内は、小学校の体育館くらいの広さがあり、広々としている中に、それら

商品が置いてあります

店内は薄暗く、店員さんは、60代後半の男性がひとり、店内中央に置いてある長椅子に座って、ずっと、新聞を読んでいます。 お客さんは誰もいません。

このお店は、7階建てのマンションの一階に位置しています。

、、、私は、ここを通りがかる度に、(へんだよなあ、、)と、いつも思いました。

というのは、このお店が発しているエネルギーは、別に、ペットフードを売りたいわけでもなく、犬猫への愛情があるわけでもなく、犬猫と幸せに生きている誰かと交流したいわけでもなく、ただ、お金があるからとりあえず商売しておけば、税金対策になる、、でした。

ここのペットフードは、栄養ないです、犬猫に愛情ないから。

目に見える世界では、このお店は存在しているけれど、目に見えない世界では、このお店は、存在していないも同様なので、それで、お客は来ません。

それでも、このお店の経営者は、特に稼ぎたいわけでもないので、問題はないです。。

奇妙です、、、、お金があり、何の商売でもできるなら、この人たちが、何か、情熱を持てるようなことをすればいいのに??

好きなことって???

後日、このペットフードのお店は閉店し、次に、改装されて、食料品店となりました。

豆腐、もやし、たまねぎ、じゃがいも、など、ちょっとした野菜、缶詰、小麦粉、ホットケーキの粉、かつおぶしの袋、、、などおいてあります。

店内の中央に、前回のペットショップと同じ男性が、同じ長椅子に座って、新聞を読んでいます。(同じパターンかっ!笑)

お客さんはまれに一人くらいいますが、ほとんどの時間、店内は誰もお客がいません。

個人商店が、そこに存在する、存在意義、は、そこの店主や経営者が発しているエネルギーです! その意志の内容こそが、質を決定していきます。

こういうお店をやりたい、、、、、

お客さんにこんなサービスを提供して喜んでいただいてお金をいただいて生活していくぞ、とか、、

そういった、きっぱりした意欲、が、そのお店のエッセンスです。

自分の表現欲を、うまく、誰かのニーズ、ウォンツと組み合わせて、経営化していく、といった内容になります。

その人の存在意義って、案外、どの人も、意識しなくても、何らかちゃんと持っているものです。

それでも、その役をしなければ、その人に存在意義がないわけでなどなく。。

私たち、生きているだけで= 存在意義はすでに持っています。^^)

胸張って行きましょう。 ^^)ぼちぼちと。

あなたに愛をこめて。 アナナス