大切なご家族を見送った方あて。私からのラブレター。

大切なご家族を見送った方あて。私からのラブレター。

私たちは、普段元気に生きているとすっかり忘れているものですが、いつか、この身体に属したことはすべて完了のときがきます。

私たちの人生の時間は有限です。

<わたし>をしている魂は、身体から離れようと、永遠に生きている、は本当であり、今回の<わたし>の役柄を終えたとしても、向こうでしばらく休憩をとり、また違う役柄で、この世に戻り、、は、あるでしょう。生まれ変わり、はあります。

愛しているひとと、また、いつかどこかで会えることは確かです。

なので、本当のところ、その人が身体から離れたこと(死)が、永遠のお別れ、ではないです。

その人が、身体、というこの世の洋服を脱ぎ捨てても、その人、は、存在していますから。

それでも、、、

今まで家族として生きていた人が、今日、この時を限りに、温かい身体でなくなり、その身体に入っていた、いのち、を、喪い、つめたく、反応しなくなる、、、

この実感は、たまらないものがあります。。。。。。。。。。

私がおもうに、、その人がこの人生をどんなふうに生きたかにより、どんなふうに亡くなるか、も、わかるような気がします。

家族を大事にしてきた愛情深いお父さんは、家族の愛情に包まれ、亡くなるでしょうし。

私のように、孤独を愛したひとは、一人でなくなるかもしれません。(いいわるいではないです。)

残された人にとって、その人につながっていた愛情、一切合切を、全部、断ち切られ失うのは、たいへんな負担です。

それでも、喪失感、血を流しているような部分、あるいは、耐えられないような悲しみとか、やりきれなさ、の代わりに、

時間薬(時間経過)により、その空白が、むしろ、すっきりとした、新たなもので満たされていくときがくるでしょう。

そのとき、もっと、見事な、その人になっていくでしょう。

私たちは、進化していく魂です。

今日、今、この時を生きていて、今日、大切な人を見おくっても、また、次に会える時がきます。 そのときまで、ご自分の人生を、顔をあげて生きていきましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近、ご家族の最善のため努力なさり、、見送られたみなさま。

Aさんと奥様、

Uさんと息子さん

みなさまは本当にすばらしい。ご家族はみなさまがいらして本当に幸せでしたでしょう。

こころから愛をこめて。

アナナス

コメント

  1. usagi より:

    ありがとうございます。今日葬儀がおわりました。辛すぎて先程個人的にメールしたほどです。
    なかなか、理解したくても、きもちがもちません。

    こちらに来たらこんな記事が。ありがとうございます。

    • アナナス より:

      Usagiさん、ご葬儀がおわったのですね。本当によくなさいました。 そのお気持ちはむりないです。今はまだ。 このブログ記事を受け取ってくださり感謝します。
      メールは返信させていただきましたので、また、その中でやり取りしていきましょう。 こころから愛をこめて。