いのちのことは、神様管轄です。

私は、先日、ある西洋人演奏家の、仲間うちのサロンコンサートに行きました。

ここでは、プライバシーのため、この方の楽器、お名前も明確にはしません。

本当に信じられないくらいのすばらしい演奏でした。

私は、この方の背中のほうから、演奏を見ていました。

その音のあまりに透明なこと。

生身の人間のもつ、人間臭さ、みたいなものが、なくて!

そして、この人は、目の前に、肉体をもって、存在しているのですが、

私からは、血がまったくない、何か、紙のようなぺらぺらした物質(肉体)を

洋服のようにまとっているだけのような。。

この人が目の前にいるのが、信じられないような感覚を受けました。

よく、死を前にした方が、目の前に、肉体をもっているのだけれど、

同時に、そこに、もういないかのような、そんな感覚と同じようなものを

感じました。

そのひとから受けた印象を、なぜなんだろう、、と、ずっと疑問に思っていました。

すると、後日、この方について、詳しく知る機会がありました。

神聖なお花1

その演奏家は、実は、重篤な白血病で、ほとんど血の気がないような状態で。

日常は、自宅のベッドで、ほとんど気を失っているような状態で

寝ているそうです。

いつ、この世を去ってもおかしくないような肉体の状態。

一日のうち、意識をしっかり保てている時間は短く。。

しかし、なぜか、限られた人たちの前で演奏をする時、

この人は、その身体を動かせて、自在に、楽器を演奏することができる。

その奇跡が、当たり前のように起きていて。

そして、その演奏は、私を、また、他の参加者を、こころから

感動させ、、何か、言葉にできないような本質的なものを、

ふと、思い出させてくれるような、、すばらしいものになります。

瞑想的な美しさ、大いなる静けさをたたえた優美なこの方は、

やはり、何かの、大いなるもののお役目として、

いのちを支えているのでは、と、思うわけでした。

いのちのことは本当にわかりません。

というのは、おそらくもう元気になっていくだろう、と、

思っていた人が、思いがけない別件で、この世を離れたり。。

いのちのこと、が話題になりますと。

私は、やはり、神様、とか、おおいなるもの、といった、

はるかに大きなものの管轄、ととらえていいのではと思う次第です。

今日、私たちが生きていているなら、

また、あなたの愛するひとが生きているなら

その一日、一瞬を、大切なものとして

抱きしめて。

<当たり前>はないです。

出会ってくださってありがとうございます。(*^^*)

あなたにこころから感謝します。 (*^^*)

愛をこめて。

アナナス