脳は、私はこう、と話す。

なかなか更新できませんで。
待ってくださっているみなさま、ありがとうございます。

私は、患者さんの脳を、親しみと愛をこめて、《脳さん》と、呼んでいます。^^

ヒーリング最中、様々なエネルギーが流れる時、特に、年配の方の脳さんが、
《わたしの人生はね、こんなだったのよ》と、

まるで、たっっっくさんのお話をされているような時を感じることがあります。

私たちみんな、

私はこうなの、こんなふうに生きてきたのよ、、

を、誰かにお話したい、わかってもらいたい、というニーズがあります。

ヒーリングを受けているその方と、私との直接面識、コンタクトがなくとも、
(窓口は、お子さん等。)

その方の脳さんは、私に対して、こころ?開き、お話してくださるのです。

人生には、いろんなことがあって、しあわせなこと、愛に満たされたこともありますし、

また、くるしかったこと、涙がでるようなこと、つらかったこと、、

、、長い人生、ほんとうにいろんなことがあります。

患者さんの脳さんが、お話しを始めるのは、とてもいいことです。

わたしはこうなのよ、、

脳さんがそんなふうに、主張している時、、
この方は、こころの中で、これまでの人生の棚卸しをしたり、
また、ほんとうはこうしたかった、、、
といったことを認め、変化していく時にあたります

私は、その方のそれまでの人生も、いのちも、変化のプロセスも、尊重したいです。

肉体が、脳の疾患を経験したとしても、、、 その方のお名前があり、
こころ、精神、また、スピリチュアルな存在、
すきなもの、愛しているひとたち、、これはいや、、、

こういったことぜんぶがそろった、その方であり。

肉体~スピリチュアルな存在としての患者さんの、しあわせを考えたヒーリングをさせて
いただきたいと思っています。
ありがとうございます。

・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・

P.S すみません、2月1日をもって、料金改定を考えています。。m(__)m
これは今、考え中です。