心臓さんと肺さんはペア! 心臓さんは身体の中央にある。

私たちの身体は、本当に小宇宙です。

私など、感嘆するあまり、身体のことを、敬愛をこめて、<身体さん>、臓器のことを、いちいち、<さん>をつけて呼んでいる次第です。

心臓さんが拍動を打ってくれているのも、肺さんが呼吸をしてくれているのも、、その他もろもろ、ひとつひとつのしくみを見ていくと、どれもが自分の役を淡々と続け、周りとの協力関係のもとに成立しているのがわかります。このバランスは奇跡的にすばらしいです。

人間の身体をデザインしたもの、、サムシンググレート、は、何らかあるに違いありません。

私たち、爪を1mm、自分の技術で伸ばせるわけでもないですから。

ただ、生きているだけで、私たちは、すごいんでした。

今日は、心臓さんと血液のお話を。

心臓さんは、2つの血液循環を持っています。

①小循環 心臓さん~肺さんはペア!
②大循環 心臓さん~全身

①小循環 心臓さん~肺さんはペア!

心臓さんは、肺さんと、血液循環しています。仲良しのペア、運命共同体です。

血液循環を通して、

・心臓さんは → 肺さん  に、(不要な)二酸化炭素を渡し、

・肺さんは → 心臓さんに、新鮮な酸素を渡します。

肺さんは、呼吸(吸う息)をすることで、新鮮な酸素を体内に取り入れます。

心臓さんは、肺さんに、体内で不要になった二酸化炭素を手渡すことで、ラクになります。

肺さんは、呼吸(吐く息)で、二酸化炭素を身体の外に排出しています。

この作業を、血液を循環させることで取り持っています。

この、心臓さんと肺さん間の小循環は、一回分、3、4秒です。ひと呼吸の時間の長さくらいでしょうか。

②大循環 心臓さん~全身

また、心臓さんは、肺さんから受け取った酸素をたっぷり含む血液を、全身に巡らせはじめます。

心臓(左心室)から、勢いよく送り出された血液は、頭方向、肩から手へ、体内の内臓へ、足方向へ、身体全体にいきわたり、また、心臓に戻ってきます。

この、心臓(左心室)→ 動脈 → 毛細血管 → 静脈 → 心臓(右心房)に戻ります。

動脈静脈の間のボーダーラインは、毛細血管でつながっています。

静脈から心臓に血液が戻っていく間に、身体の二酸化炭素を回収していきます。

そして、心臓は、受け取った二酸化炭素を、肺に渡します。

この心臓さん~全身をめぐり~心臓さんに戻る旅は、一周、数十秒~1分くらいかかります。

一分くらいかかって、血液が循環されているからこそ!手でふれて、温かい身体であるわけでした。

脈拍について

動脈が通る手首や首などに、皮膚から、手で触れてみると、ドキドキしているのがわかります。これを脈拍といい、大人の場合、脈拍数は、通常、1分間に、65~75くらいです。

子供はもっと早く、男性より女性のほうが、脈拍は早いそうです。

心臓さんは、身体の中央にある!

心臓さんは、よく、イラストで、身体の左側寄りに描かれたりしますが、実際のところ、身体の中央にあります。

心臓さんは、その左右を肺に囲まれています。

肺さんと心臓さんは、鳥かごのような、肋骨に守られています。肺さんは、呼吸により伸び縮みするので、その伸縮に対応できる肋骨で、うまぁく保護されています。

心臓さんと肺さんはほとんど休みがない!

他の臓器は、もっと休み時間がありますが、心臓さんと肺さんは、ほとんど休むことはないです。

呼吸止められません!

心臓の動き止められません!

心臓さんの細胞である、心筋細胞さんが、収縮と拡張を繰り返すことで、リズムを刻みながら、血液を全身に送るポンプのような役目をしています。

生きている限り、心臓の動きを一定リズムで繰り返すことを止められないです!

心臓が拡張している一瞬、1秒とか?ほんの少しの瞬間の細切れで、心筋細胞は休んでいます。

あなたの首や手首に、指で触れてみると、脈拍がわかるでしょう。血液が循環してくれている証拠です!

心臓さんに感謝です! ^^)体内でさりげなくがんばってくれています。