認知症を経験されているご家族を持つ方へ。家族ができること。

認知症を経験されておられる方についての、私の考察。

認知症を経験しているのは、この方の、<身体の部分><大脳さん><パーソナリティの部分>だけです

スピリチュアルな存在としてのこの方は、終生、変わらぬままです。何のダメージもないです。

 

大脳さんの変化により、自己表現が、それまでのその方の在り方と違うものになってしまうので、<にんちしょうの人>と、まわりから認識されるわけですが。。

そんなに簡単なものではなく。。

(ご家族が、大切な家族を、他の人から、簡単に、<にんちしょうの人>と、くくられ、判断されることに、大きな抵抗があるのは、とても自然な反応だと思います。><)。)

 

私が知っている限り、その方により、その自己表現の世界は全然違います。

・ある70代後半の女性。。 とてもきっちりした人生を送っていた、おそらく、両親のしつけがたいへんに厳しく、こういう時はこういうふうに対応するものだ、という<~すべき>ルールがあり。

それに従い、娘時代~結婚生活、母親として、かっちりと暮らしていたのでは。。

その後、70代に入るあたりまでは、人々から頼られる存在。いつも何を聞いても答えられる、リーダー。<あの奥さんにお願いしたら絶対大丈夫>と言われる人。 折り紙を折るなら、角をきっちりと正確に折るような性格。いつも状況において<折り目正しい人>。

 

、、しかし、、 この方がにんちしょう、と、診断されてから、この固い性格の部分が、少しずつ、はがれてきて、娘のような本音が、漏れでてきた。。

<わたしはもっと人に甘えたかった><わたしは、本当は自分も不安なのに、自分を叱りとばして、人を励まして生きてきた。ずっと、問題解決する人だった。ほんとうはずっとつらかった> <わたしも不安だって、いっぱい言いたかった。わかってほしいのは私のほうだった。>

この人は、社会的な固い殻のようなパーソナリティが変化していくにつれ、素直な本音を出せる人になっていった。テレビを見て、かわいそうだと思ったら泣いて、いやだと思ったら怒って。。

とても人間らしい喜怒哀楽をしている。

 

私がおもうに、この方の魂さんは、<とてもできる正しい頼りになるリーダー>と、<実はデリケートな娘のような愛情、感性を持つ人>の2つを、この、にんちしょう、を、通して、バランスさせようとしていたのでは、でした。

彼女がもし、<よくできる人>のまま生き、つらさをきつく抑圧し続けたまま、その人生を終えたなら、、彼女の柔らかい本音の部分はどこに行けるのでしょう?

愛らしい娘のような本音を素直に出していくこの人は、まわりの人々のこころを溶かし、愛されました。。。

 

 

他の方の例。それまでの人生のパターンを誠実にこなし続け、おそらく、ここに、本人にとっては、とても我慢が入っていた場合、深いところから疲弊しきって、にんちしょうになった、のでは、という方がおられました。

この方の場合、人生のどこかで、それまでの生き方の変更をしたいというハートからの希求が何度もあったのでは、と、思われますが、とにかく、それはしきれなかった。

疲労の極みの果てとして、休むために、今回の人生の役から離れるために、にんちしょう、を、選んだ、というのもあるのかもしれない、でした。

ご自分の中に閉じこもっているようですし、そばにおられるご家族は、いろんな気持ちがでてきそうです。むりありません。><)。

それでも、ご本人は、<私はいやだ>、と、やっと、その形で言えたのではないかと。

 

 

この世は、額面通りではないと思います。

この世的に見たら、<病気になるよりは、健康のほうが断然いい>、、という価値観があります。病気になったら、健康のありがたみをかみしめるのでは、と、思いますけれど。。

 

こんなふうに書いて申し訳ないのですが、それでも、魂さん的には、<今回の人生で、にんちしょうを経験してでも、そのほうが、次の転生(次に生まれ変わったとき!)とのバランスを考えると良い>といったこともあるのかもしれないです。

(ただし、全部がそうだ、とは、言いません。次の項目で、物理的な理由もお伝えします。)また、私の見聞きしている少ない例ではそうなのかもしれない、という考察をしています。

 

私から見た、認知症を経験しておられる方の大脳さんの状態

私からは、認知症を経験している方の大脳さんには、銀色のスプレーのようなものが、点々と、付着して、たまっているのが見えます。これは、いつも、何だろう、と、。。 (この異常な銀色がないのが通常状態の大脳さんです。)

 

NHKためしてガッテン これが世界最先端!“認知症”予防SP、という番組で、脳が活動したときに生まれる老廃物・アミロイドβ、(“脳のゴミ”) の排出があまりうまくいかず、蓄積していったときに、アルツハイマー病になる、との研究結果があるそうです。(アルツハイマー型は、認知症と=ととらえていただいて。)(通常、私たちは、睡眠中、この、脳のゴミを、排出しているそうです。)

 

この、アミロイドβの排出が抑制されることについては、物理的なことからくる理由と、精神的なことからくる理由がありそうですが。。

 

しかし、私が見ている、銀色のスプレー状のものは、これではないと思います。こわがらせて申し訳ないのですが、アルミ関係のようなもの、また、原子力発電所から出た、目には見えない排出物の一部だと思います。

おそらく、私たちの大脳さんは、上記、脳のゴミ(アミロイドβ)の排出を、睡眠中しているのと同様に、原子力発電所から出た、目にはみえない排出物、それから、アルミ関係のものも、一緒に、排出していると思います。これは、私がおもうに、血液~腎臓さんを通して、尿と一緒に排出されているのではないか、と、とらえています。

 

それで、認知症を経験しておられる方は、脳のゴミ(アミロイドβ)と共に、それら、原子力発電所から排出されている何か、、と、アルミ関係の何か、が、排出されにくい状態が起きていて、それの影響も起きているのでは、、です。これが、物理的な理由ではないかと、考えています。

 

話が脱線するついでに、(私の話は取り散らかっていて失礼します!必要なところだけ、あなたの優れた能力で、すくいとつてください!)

 

大脳さんの健康のために、今、気をつけておきたいこと

できれば、調理のため、アルミ鍋を使用しないほうがいいです。

(ステンレス鍋、土なべ、ガラス鍋、セラミック鍋、は大丈夫です。)

 

アルミ鍋は、熱せられると、アルミが、溶けだして食材に入ります。これが、どうも、大脳さんに直接、関係するらしい、は、私のとらえるところです。理由を説明できません。ただ、そうだ、は、知っています。

もし、アルミ鍋を使用している食材を食べるなら、食事の前に、感謝の祈りをなさることをお勧めします。それによりエネルギー的に中和することが可能です。

いろんな祈り方や、単に<いただきます(いのちをいただき感謝します)>があります。

今日も食べ物をありがとうございます、といった感謝の他に、

<この食べ物が私のいのちを健康にしてくれることも感謝します。>

といったことも、付け加えるといいと思います。

この食べ物が私のいのちを健康にしてくれることを感謝してしまうなら、健康にならないものが、もしあっても、それが、この祈りにより、全部、祝福されてしまうからです。(中和される)意図の力を利用します。

 

それから。原子力発電所は、、、次の時代ではなくなるのでは、です。

 

認知症を経験しておられる方への、私からのヒーリング例について。

認知症を経験しておられる方に対する、私からの代替医療ヒーリング例は、わずかです。

この、不自然な銀色のスプレーを取り除く作業がメインになります。。(銀色を取り除くほうが、本人の頭はすっきりします。) 症状の進行を遅らせることは可能かもしれませんが、そのくらいです。

 

その一方で、認知症を経験されておられる方に対しては、(ご本人のハイア―セルフさんがスピリチュアルヒーリングを受け取る、というお返事があった場合のみ、可能ですけれど。)もし、ご家族が考慮されるなら、スピリチュアルヒーリングのほうがいいです。

今回の人生、どうして、認知症を経験されたのか、その理由は、千差万別であると思います。

今回の人生だけでなく、過去の転生、また、今回の人生がおわり、未来の転生(生まれ変わり)までも含めて、その方の魂さんのプラン、ライフ・テーマを祝福する、が目的です。

多くの方が、<自分さえがまんすればいい。(でももう耐えられない。)>何らか、いたましいパターンを持っておられて。

そのパターンは、前世から継続していたものでした。そして、スピリチュアルヒーリングにより、今回の人生で、そのパターンを完了させることができるので、

次に生まれるときは、リフレッシュした状態、いい状態で迎えていただくことができるでしょう。(ただし、ご本人様の自由意思に介入しない、が大前提なので、ご本人様のハイア―セルフさんが、<ヒーリング受け取る>というお返事だった場合、です。)

実際、この方の次の転生にならないと、このスピリチュアルヒーリングの効果はわからないでしょう。それでも、そこまでのスパンで見るなら、結局のところ、この方の魂さんにとっての最善の展開にはなるんです。

とにかく。

それなら、次に生まれ変わったとき、もっとすっきり、明るく軽いところからスタートできるでしょう。

これは、ご家族だけでなく、私からみても、切実な祈りです。まったく、くろうされている方はいるんです。。。><)。。。。

ただ、私がこれまで担当させていただいたにんちしょうを経験するクライアントさんの場合はこうでした、という意味でした。

 

その方によって全く違うので、もしよかったら、匿名でもいいので相談してください。こういうことを、信じれる方だけが対象です。

(こわいと、思われる方もいるかもしれません、まったく自然な感情です。)

お問合せはこちらから。

スピリチュアルヒーリングは、15000円かかります。

認知症を経験しておられる方に対してのスピリチュアルヒーリングは、1回のみです。

 

また、今回の人生、認知症を経験なさっておられる方に対して、家族など、まわりの方ができることは。

もし、その方が、怒りを表現している場合、自分のことを怒っているのだ、などと、直接的にとらえないほうがいいです。

その方は、昔の、ほんとうに怒っていた誰か、しかし、その時、今のように怒れなかった、むしろ、押し黙ってひたすら耐えるだけだったかもしれない、、、が、ずっと、心の奥に心残りとして残っていて、、それで、今、怒りの感情を、排出しているのかもしれないです。

迫力ある怒りの排出については、かつての生活の中で、怒りの感情のため混みがどのくらいあったかによります。

その方は、とにかく、怒りの感情の排出をしたかったんでした。。それを言わなければ、しぬにしねないくらいのつらさがあったのかもしれません。。

でも、今、目の前で、その怒りを、自分に向けられている方は、その怒りの理由が、自分に対してではないか、、などと、真正面から受け取らないほうがいいです。。。><)。(ご自分のこころも守ってください!!!!!!!!)

 

(かつて)そんなにつらかったんだね

 

と、理解するだけです。

 

あとは、もし、可能なら、ですが。

その方の内側に、5才くらいの女の子、または、男の子の部分、インナーチャイルドの部分がいる、と、とらえていただいて。

その女の子(男の子)に対して、愛情をもっていてあげる、です。

目の前にいる、わけがわからなくなってしまっているように見える、この方も、かつては、敏感なこころを持つ、女の子、男の子、の時がありました。

その子が、今も、この方のハートの部分にいる、と、とらえて。

愛おしく思う、、でしょうか。

 

愛、で、少しでも、その方と、つながることができたらいいですね。切にそう思います。。

 

 

それに。

この人が何をするにも、おかしなことをしたとしても、理由がありそうですから。

たとえば、この記事の前半に載せた、女性は、施設で出された食事を、ティッシュに包んで、ポケットに入れる、という行動を繰り返していました。 それを、職員がとがめて。。

しかし、この女性は、<(お腹をすかせて帰ってくる)息子のために、食べ物を用意してやっている>が動機でした。彼女は、まったく、間違ってなどいない、と、私は、泣きたくなるような気持ちで思いました。

 

その人により違うので、私の書いたことにあてはまらない方もいるかもしれませんが。。

ご縁があって、これを読んでいるあなたに、もしかしたら、役立つことがあるといいな、と、思いつつ、この記事をおわります。

読んでくださりありがとうございます! みなさんに愛をこめて!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA