この世にうるおいを増やしたいです。 ^^

愛するみなさま

いつもアナナスのブログに来てくださりありがとうございます!^^

今日も、あなたのお役をありがとうございます! ^^

この世にうるおいを増やしたいです。

衣食住がとりあえず足りた次に。

人は、モノをもっとほしい、と、思いがちですけれど。

実は、もっと、ほんとのほんとに欲しいものは。。なに?

私は、この世に、もっとうるおいがほしいです。

うるおい、ゆとり、ユーモアが増えたらいいなあ。^^

うるおい、ユーモアは、緊張しがちな場に、ゆとりとか、創造性をもたらします。

kouyou-usagi

画像元:http://www.irasutoya.com/

うるおいの例。

新宿駅のホームで、山手線に乗り込もうとした一瞬、

電車から降りようとしてきた、ふわふわの金髪をした白人女性と目があって。

微笑みを交わしてすれ違う。こんなことでも。私はしあわせ。^^

あの、ちょこっと視線があった時に、タイムリーにニコッとするのは、

反射神経必要ですね。(私、いつもできるわけではないので)^^

それでも、<ハイ、ブラザー!>みたいな感覚で生きていたいです。^^

以下はユーモアの例にならないですけど、何となく書いてしまいましたので、

おつきあいください。 ^^

車をぬすまれた話

私が青年期だったある時、家の車が、突然いなくなりました。

こつぜんと、車がなくなってしまった、車庫にあるはずの車がいなくなった、

これがわかった時、家族がみんな、、まず最初に、げらげら笑いました。

ありえない非日常だ、いったいどこの誰がそんなばかげたことをしたんだろう、って。

なんだか、ネタのように笑ってしまいました。

なぜ笑ったかって?

たぶん、こういう時、どういう反応をしたらいいかわからず、

とっさに、笑いがてできてしまった!

少し落ち着いてみると、

あら。これは困ったことなんだよな、警察に届けなくてはだし、

だいたい、どこの誰がそんなことしたの!?まで、考えが至る。

<車さん、大丈夫か。うちに帰っておいで!

どうか、あの子がわるいことに使われませんように!>

などとお祈りしていました。

その後、一週間ほどで、警察から連絡があり。

日本のどこか、、(忘れました)で、車は発見されました。

運転席の窓が壊されていたそうです。車だけが放置されていて。

結局、誰が車をもっていったかわかりません。誰もつかまりませんでした。

とにかく、車はうちに帰ってきました。

私は、その子(車)に、

<お帰りなさい!たいへんだったねえ。お疲れさんでした!>

と、ヨシヨシと、なでました。

その子(車)は、ほっとしたような感じだったのを覚えています。

モノにも意識がある、というのは、本当だと思います。

(これは、人格、という意味でなく!)

とにかく、生きているといろいろありますけれど。。

それでも、何でも、わたしの大事な人生を、なるたけならいい具合で!

face

画像元:http://free-images.gatag.net/

あなたの日常に、うるおいとユーモア、ゆとり、楽しみがありますように。

みなさん、いつもありがとうございます! (*^^*)

愛をこめて。 アナナス