アルジェリア人男性とスカイプしてみたんだけど。。。

愛するみなさま

いつも、アナナスのブログに来てくださりありがとうございます。 ^^
今日も、あなたのお役をしてくださりありがとうございます! ^^

アルジェリア人男性とスカイプで話せたよ。。。

アルジェリアは、日本時間より、8時間遅く、かつ、サマータイムはなし!

ということで、アルジェリア人Kさん(33)と、スカイプしてみました。
日本時間は、朝6時。 アルジェリア時間は、前夜22時。

アルジェリア
彼は、、、とても優しいすてきなスマイルをもっていました。

スカイプの自己紹介のところに、《shy gentleman 》 と書いてあって。。
ううむ。。。。 ほんとうに???

北アフリカと、日本でつながれるなんて、インターネットすげえ!(*’ω’*)

Kさんは、アルジェリアライフをいろいろ教えてくれました。
私も、Kさんも、それぞれの国なまりのコテコテ英語で、まあ、コミニュケーションに
多少、難儀しました。 大笑

アルジェリア 1
<アルジェリアで、知っていることがある?>

と聞かれ、、、うわっ、しまった!下調べしとくんだった、と、汗。。^^)
私ゃ、なんにも知らんでした。 (‘Д’)!

アルジェリアでは、ベルベル語と、アラビア語を話すそうで。
また、通貨は、アルジェリア・デナール (DZD)、、、

<日本はエン、だね。>

そうです! 世界のどこの国の人も、アメリカドル、ユーロ、ポンド、エン、は、
基軸通貨として知っているはずでした。

私は、アルジェリア・デナールなんていう通貨がこの世に存在することも
知りませんでした!

このKさんは、とても現実的な人でした。
まず、<職業は何?>、、、、、いきなりそこっすか!、、、、、笑、、、

<日本では、一か月の所得はいくらくらい?>
<東京で、マンションを買うとしたらいくら?>
<物価はどう?>


こういう質問に答えるのに、エンの単位では、この人は感覚的にわからないかも、
と、思い、いちいち、ドルに換算しなおして、答えました。。

<日本人の一か月の所得がそんなにあるのか!>と、驚くので、
<いや、物価は何でも高いんですよ!>、と答えても、わかってくれない。

なので、冷蔵庫から500mlのペットボトルを出して、<この水は、1ドルするんだよ>
と言うと、非常に驚いていた。高すぎる!

また、歌の話になり、以下の歌手がいいと教えてくれました。
この歌の内容は、宗教的なことがテーマだそうでした。


アルジェリア人男性とスカイプで話したんだけど。ううむ。。

彼は、イスラム教徒。

私は、これまで、アフリカのイスラムの人と話したのは初めてだったので、
新鮮でした。

しかし、残念なことが。。
彼は、性的な話題を、男性にふるように、私に話してきたんです。

ううむ。。。。この人ともっと近い関係性ができていて、どういう人だとわかって
きているなら、また状況は別かもしれませんけど。。

初対面で話している、この段階でそれはないだろうと思い、、、
私は、<あなたが言うことは失礼だ>と、きっちり抗議しました。

すると、彼は何度も<アイムソーリー。自分はふつうの話題だと思って話しただけだ>
ということをおっしやる。

イスラム教は、私が知っている限り、性的なことは禁忌が非常に厳しいです。
結婚の時になってやっと、相手のお顔を見れた、なんていう、親の決めた結婚も、今でも
ふつうにありますし。
(昔ながらのお見合い結婚より、もっと、場当たり的な気が。。。。
相手の文化を否定するわけではないけれど。。。ううむ。。。)

その一方で、他の宗教の女性に対しては、イスラムの禁忌に該当するわけではないようです。

婚前交渉なんてありえない、という価値観の人たちが、
アメリカ、ヨーロッパの映画を見ていれば、性的には、とんでもないと思うでしょう、
イスラム以外の世界の女性は、みんなそんなふうにしているのだろうから、
この点、外国人には、ラフにしてもいいだろう、、、、なんていうふうに思った?

彼は、もしかしたら、こんなふうに勘違いしてしまったのかもしれないですね???

もちろん、私たち人間ですから、どの人も完璧ではなく、なんですけれど。

それでも、私、初対面の男性から、そんなふうな口を利かれるのは、心外だと思い、
<そういう言い方は私に対して失礼だ>、と、静かに、きっぱり主張しました。

<あなたは、自分はシャイ、と思っているようだけれど、シャイでなど
全然ないと思いますよ! >
とも言いました。

彼は確かに、ものすごく表面的なところで、はにかむような表情をする時が
あるけれど、内面は、ものすごく硬質な、はるかに意思の強いキャラクターだと
感じました。 彼は、それでも、自分はシャイなんだ、と、主張していましたけれど。。笑

とにく、スカイプを、今一つ、すっきりしないまま、切りました。少々げんなり。。

ううむ。。。。
とりあえず、私、自分がいやだと思ったことは、ノー、と、きっぱり言えて、
よかったと思いました。 

アルジェリアはとてもエキゾチックな魅力があるのも、
独自のすばらしい文化があるのもそうでしょう。

それでも、今回のKさんの例は、ちょっとトホホの例でした。

こんな話題におつきあいくださり、すんません! あ~あ。。
今日もありがとうございました。 ^^