プライバシーポリシーとヒーリングの免責事項について

みなさまのプライバシーに関して。

みんなのヒーリングルームは、みなさまが、ご自分らしく元気に生きていただくことを応援しています。^^)

もし、生きていく時に、ピンチがあり、こころの伴走が必要だった時、癒しを求めている時は、ご連絡ください。あなたは一人ではないです。

私からは、あなたの最善のため、遠隔ヒーリング、メールにて、サポートさせていただいています。

その際、教えていただきました、みなさまの個人情報は、どんな内容にせよ、厳重に守秘いたしますことを固くお約束いたします。

みなさまは、私とのやり取りで、安全です。どんなことをお知らせいただいても大丈夫です。

ただし、この例外としては、誰かのいのちに関わるようなケースにより、警察や司法からの法的要請があるなら、最小限度の情報開示はありえます。

しかしながら、それは、例外中の例外であり、今まで15年、ヒーリングルームの活動で、そういう特殊な例はありません。まず、これ以降もないと考えています。

ヒーリングの注意事項、法的免責事項

法的な理由から、以下のことをお知らせします。

私、ヒーラーは医師ではないため、医学的なアドバイスはできません。医学的な診断ができるのは、法律で、<医師のみ>と、決められています

もし、あなたが、何らか病気の特定(検査の上、診断がつくこと)、また、医学的治療を必要としている場合は、最初に、医師に相談なさることをお勧めいたします。

また、私、ヒーラーの目的も、医療と同じく、あなたの最善です。

私の提供させていただくヒーリングは、精神の安定をサポートし、自然治癒力を高め、人生の流れを好転していく等、代替メソッドの位置付けになります。

・私は、クライアントさんの望んでいる最善に、コミットし、ヒーリングさせていただきます。

それでも、ヒーリングにより、どこまでどう好転する等の、お約束はできません。 この世のありとあらゆることは試してみないとわかりません。

私は、クライアントさんとの愛と信頼関係を一番大切にしています。

何かご希望がありましたら、お申し出ください。

申し訳ありませんが、現在、精神科にかかっている方は、ヒーリングを受けることはできません。