2018年10月6日ドイツ学園オクトーバーフェストに行ってきました。

親愛なるみなさま

こんばんは。^^)

今日もあなたがいてくださることを感謝いたします。^^

私は、10/6(土)横浜市営地下鉄、仲町台駅から徒歩12分くらい、ドイツ学園のオクトーバーフェストに行ってきました。

ここでは、在日ドイツ人子女の幼稚園~高校までの一貫教育がなされています。

10/6(土)は、青天にめぐまれ、お昼12時~ 学校のグラウンドの一角で、ドイツ、オーストリア、スイスの食べ物、飲み物の各種模擬店が出店されて。野外ステージでは、ドイツ語のロック?歌を歌う人たちがいて、、

かつ、学校内部では、ドイツ語の中古書籍の販売や、手作りケーキの販売、鉄道模型の展示など、行われていました。

ドイツ学園のオクトーバーフェストは、年々有名になってきて、日本人のお客さんがたくさん押し寄せます。

食べ物を買うのに、長蛇の列に並んだりしなくては、です。

私は、今回、友人と5人で行ってきました。混雑が予想されたので、欲しい食べ物をゲットし、おちついて腰をおろして、友人と楽しむために、作戦を立てました。^^)

シートを敷いて、場所を確保する係1人(わたくし)、食べものをゲットする係3人、ケーキをゲットする係1人、と、手分けして行動しました。

5人のうち、私を含む3人がベジタリアンで、もう2人はノンベジタリアン。

ノンベジタリアンの友人2人は、ソーセージや、マウルタッシェン(ラビオリのような感じ、中に豚肉と野菜のフィリングが入っている)やじゃがいも、をおいしく食べていました。

ベジタリアンの私たちは、スイスのラクレット、という、ゆでたジャガイモの上に、チーズをとろけさせてのっけたメニュー(きゅうりの酢漬け添え)を食べました。(アルプスの少女ハイジが食べていたものです! 現地では質素な食事に違いなくても、日本で食べると、なぜか、リッチな気分に。。^^)

ケーキ販売は、学園建物を入って正面にある、講堂の中で行われます。テーブルの上に、所せましと並んだ、ホールケーキをカットしてあるものが、いったいいくつ並んでいるのか。。。

ケーキ待ちの人の長蛇の列ができていて。何度も来て慣れている人は、大きなタッパーを持参していて、ケーキを10個とか、買っていきます。。。。

ケーキは、ドイツ学園に通う生徒の父母が作るらしいですが、本当に種類が多く、甘さ控えめで絶品ばかりです。 私の友人は、たくさん買ってきました。

ケーキおいしそうでしょう! にんじんの形をしたお菓子が乗っているにんじんケーキ、チーズケーキ2種、くるみケーキ、りんごケーキ。

ひとつのケーキを、1/5にカットして、一口ずつ、全員が、全種類食べました!盛り上がりました。

この上のケーキまでは、お腹がいっぱいで食べられず。。

上の写真のcoconutと書いてあるパッケージのお菓子は、インド土産です。友人のひとりが、インド旅行から帰ったばかりで。^^ (ココナツのお菓子でとてもおいしいのですが、砂糖を直接なめるくらいの甘さです。。。^^)

ドイツ学園の小学生の男の子、女の子たちが、かわいかったでした。^^)

ドイツ語が彼らの母国語にしても、日本に住んでいるので、日本語も話しています。

私は、20年くらい前、横浜に数年住んでいたことがあり、その際、ドイツ学園で、週2回、ドイツ語を習っていたことがあり、そのご縁で、毎年のように、オクトーバーフェストに行っています。

今日もおつきあいくださりありがとうございました。^^