合唱団に入ってしまったよ!

愛するみなさま

いつもアナナスのブログに来てくださりありがとうございます! ^^
今日も、あなたのお役をありがとうございます!

合唱団の公開練習に参加しました!

7月に、ある合唱団を見学する機会があり。。
ちょうど、フォーレのレクイエムを、演奏予定がある合唱団で。

レクイエム
あなたは、フォーレのレクイエムを、聞いたことがありますか? ^^

とってもきれいな音ですよね。 ^^

合唱団の練習は、公共の施設で行われていて。

指揮者の先生と、グランドピアノの伴走者がいて。

合唱団は、ソプラノ、アルト、テノール、バス、
男女のそれぞれの声のパートに分かれて、着席しています。

総勢200人くらいでしょぅか。。

私は、フォーレ、レクイエムの楽譜を、貸していただき、
合唱練習に参加しました。

ラテン語の歌詞。。読み方に特徴があるのね。 ^^
みなさんが、一斉に歌うところ、迫力あります。^^

作曲者のフォーレさん(1845~1924)は、フランス人。
サン・サーンスさんのお弟子さんだそうで。
一生、サン・サーンスさんと、友情をつらぬいたそう。


合唱団の練習に参加させていただき。

フォーレ、レクイエムの栄養、、エネルギーを、
私は、堪能させていただきました。 ^^

キリスト教の重厚な歴史、その層の厚み。
そこからくる精神性。 スピリチュアル。

キリスト教世界の持つ集大成のようなもの。
その栄養のテイスト。。。。

ヨーロッパ的なもの。
フランスの魂みたいなもの。


私も、ぼそぼそ、少し歌いました。。 ^^
この日、私は、アルト(女性の低音パート)に参加したけれど、
主旋律でない、いうのは、ちょっとつまらないな、と思いました。

フォーレのレクイエムでは、ソプラノはやっぱり主役なので。
なので、私は、ソプラノになりたいと、今までの人生で、はじめて思いました。
(これまで、ずっと、低い声、アルトなのに。^^)

それで、、、、、練習後、合唱団に参加することにしました。
はっ、と、気がついたら、合唱団の申込みをしているわたくし。。。^^

これからずっと、コンサートの日まで、週1回、合唱練習があります。

後日、指揮者の先生に、声のテストを受けました

後日、指揮者の先生が、私の声のテストをしてくださいました。

先生が、ピアノを弾いて、その音を、私が発声する、というもの。

ドミソミド、、、レファラファレ、、、、ミソシソミ、、、、、
ピアノの音はひとつずつ、高音に上がっていく。

ピアノの音に従い、私も同じ音を歌い、、

だんだんピアノの音が高くなってきて。。なんと、私の声も高い声でていました。。

先生がぼそっ、とおっしゃる。
<ソプラノだね。>

私はこころの中でやったと思いました。
これで、フォーレのレクイエム、ソプラノゲットだ!^^


この日、私からは、いつもでないような高い声が、あっさりでたので、
天使が助けてくれたのでは、と、思う次第です。 ^^
(メルシー!)

私は、フォーレのレクイエムを、ソプラノで歌いたい、

その望みがひとつずつ叶っていくのを、楽しいと思っています。
なんだか、うまくいく乗り物に乗っているような感じ。

合唱団のみなさんにも、おかげさまで、親切にしていただいています。

休憩の合間に、あめ、チョコレートの小さな袋、等、何かしら、回って
くるのも楽しい。 ^^
ありがたいことです。 (*^^*)

今日もおつきあいくださりありがとうございました。 ^^