重篤な病気のスピリチュアルな意味を考察してみました。

今日は、ちょっとスピリチュアルな内容を含みます。

この世には、ありとあらゆるくるしみがあって。
その中でも、肉体的ないたみ、くるしみ、は、つらいものがあります。

どうして、そういう病気を経験することになったのか?

よく、巷で言う、《あなたの思考が病気をもたらした》とか、《病は気から》という
とらえ方があります。

私から思うのは、もちろん、そういう側面もあるかもしれないですが、
それだけで、簡単に説明はできないのでは、と、思っています。

私は、ヒーラーの立場なので、重篤な病気を経験されている方と、
やりとりさせていただいているわけです。

その中で、肉体の不調を耐えて、限定された状態を過ごすうちに、
精神性が、とてつもなく練れていっているみなさんと出会います。

このみなさん方のメールからは、白い光とか、精神性の練れた
非常にすばらしいものを感じ、こちらからは、敬愛させていただく、という
態度になります。

もちろん、
(肉体が健やかなほうがよかったろうに、、、とか、
何の気もせず、好きなことを楽しめる状態のほうがよかった、、、)

の思いは、もっともなのですが。
それでも、、、、、

これまでの人生の流れを、全部リセットしなければならないような例は、
やはり、発症する病気に、意味があるのでは、と思います。。。。

とにかく、それを耐えてきて、、
このみなさん方の達成されている、内面的な達成、熟成、精神性の高さ、
というのは、、目に見えないものですが、ほんとうにすばらしいものだととらえています。

また、この方の近くで、この方を支えてこられたご家族の方も、
、とても精神性の高いみなさんがおられる。
このみなさん方も、つらい時期を耐えて、変容なさっていったのでしょうね!

どうしても、いのちに関わるような病気を経験した時、、、
理屈とか、頭で考えるのではなく、、

それを超えたところにある何か、、、ある人は、神様、とか、天使というのかもしれないし、
または、サムシンググレート、といった、おおいなる育むものとしてとらえるのかもしれないし、
あるいは、

ご自分のハイアーセルフとか、魂さんのことをとらえる方もいるかもしれない。。

宇宙、とか、宇宙意識、といったとらえ方をするのかもしれない。。。

とにかく、はるか大きなもの、何か、自分たちのいのちを構成している
根源的なもの、、、を、強く求め、見出そう、ということが、
無意識的に、自発的に、されていくのかもしれません。。

だって、何か治療を受けたとしても、、すばらしい医師がいても、、
実際の病気を治していくのは、、、

いのちに備わっている根源的なパワーであり、意志であるので。。。。

心臓がなぜ、止まらず動いてくれるのか?
髪の毛がなぜ、毎日、伸びていくのか?

このあたりに働いている力が、いのちを継続させているわけなので。。

どこかで、達観、、、、
大いなるものに対して信頼し、自分の強い意志を明け渡すようなプロセスを通っていった方が
、、、この白い光をもっている方達なのかな、、、

なんていう理解をしています。

今日も生きていてくれて、ありがとうございます!