スピリチュアルな視点を持つ方あて。脳出血、脳梗塞の患者さんに対して、代替医療ヒーリングをしています。

私は特に、脳出血、脳梗塞の患者さん方に代替医療ヒーリングさせていただくことが多いです。

以下、脳さんチーム、と、私が呼ぶのは、大脳さん、小脳さん、脳幹さん~脊髄さんまでです。 大脳さん、小脳さん、脳幹さん~脊髄さんまで、それぞれに右側、左側があります。

よく、右脳タイプ(ひらめきが得意)とか、左脳タイプ(理系のような論理的)というのは、大脳の右脳、左脳、について言っているのでしょう。

小脳さんにも右側、左側、また、脳幹さんの右側、左側、さらに、脊髄さんにも、右側、左側、があります。

(画像はhttps://health.goo.ne.jp/からお借りしました)

私がヒーリングさせていただいている代替医療ヒーリングの患者さんのうち、

大脳の脳出血(右脳、左脳、また、発症の部位は様々)+ 大脳の脳梗塞の方だけで85

%となり、、

小脳出血、脳幹出血の方は、5%程度でしょぅか。

あとはその以外の経験の方です。

脳内の、どの箇所で起きたか、が、後遺症の可能性を決定します。

また、その出血量(または梗塞の程度)により、重篤度は異なるでしょう。

出血量が多量だった場合、即、いのちの危険となる疾患です。

私にご自分でコンタクトを取ってくださる方は、脳出血の出血量がごく少量だった方、梗塞がごく軽めだった方です。 こういう方は、発症から1カ月~経過して、(急性期、という、緊急状態は過ぎて)ある程度、身体の状態が安定して、リハビリをスタートしはじめた時期の方が、ご自分でスマホで検索して、このブログを見つけ、連絡をとってくださったりします。

こういうふうに、ご自分で私にコンタクトを取り、ヒーリングを受け取られた(る)方は、実はけっこう少ないです。 ヒーリングを受けている(た)脳卒中患者さんのうち、3%くらいでしょうか。

一方、お父さまか、お母さま、(またはお祖母さま、、、)の脳卒中による入院を、付き添っておられるご家族の方、(娘さんや息子さん、お孫さん)が、病院のリハビリ以外でも、、お母さん、または、お父さん、お祖母さんのもっと良い回復のために何か助けになるものはないか?と、切実に探しておられて、、

それで、検索しているうちに、このブログにたどりついた、という方が、ヒーリングを依頼してこられるケースが大半です。

お父さん、お母さん、お祖母さん、、に、ヒーリングを受けるかどうか、といった説明を、直接して、<ヒーリングを受け取る>意志確認をしていただけた場合もありますし、そうでない場合もあります。

こういうケースでは、脳出血、脳梗塞の度合いが、軽い~重めの方まで様々です。

代替医療ヒーリング、は、以下にあてはまる方へのひとつの対処方法になるでしょう。

・患者さんは、病院での治療(やリハビリ)は受けている。それでも、もうひとつ、回復をすすめる手助けとして何か役にたつことが切実に!欲しい。代替医療ヒーリングは、父(母、また、祖母、祖父の)最善の回復を手助けするかもしれない。私の家族(または私)にどうだろう?

・その病気を発症したことで、同時に、何らか、それまでの人生とは違う大きな転機、在り方の変化がある、この大きなピンチの精神的な支えが欲しい。このピンチをうまく乗り切りたい。

・目に見えない世界からの助け、スピリチュアルな助けも欲しい。

・ヒーリングを受け取るご本人さま、または、窓口となる方が、何か、スピリチュアルな視点を持つ方であること。(目に見える世界だけがすべてではない、といった視点がある方。

これは、その方により様々。瞑想をしている、ヒーリングを信頼している、神様がいることを信じている、サムシンググレート、といった、おおいなるものがあるらしいことを信じている、といった、何でもいいです。 )

・回復の過程には、地道な努力が必要です。じっくりと、です。

・発症までそれなりのプロセス、時間経過もかかっています、回復のためにも時間がかかります。少しずつ回復していくほうが安全第一でいいですよ。意識の切り替えが必要です。

私の長年のヒーリングをしてきた印象からおもうことは、、

脳出血、脳梗塞、といった脳の病気は、首から下の身体の部位に起きる病気よりも、もっと、その人の根源、存在そのものにかかわっている、ものがある、です。

こんなにたいへんな経験をされている方が、そのたいへんさだけでなく、それが何らか、よりよい価値観に気づくためのきっかけだったり、本来の自分を生きるための機会だったり、、、?

祝福の部分も受け取っていただきたいと思っています。

スピリチュアルな視点を持つ方のための代替医療ヒーリング、特に、脳出血、脳梗塞の患者さんに対してだけは、エネルギースキャニング、といった個別の参考情報を無料で提供していますので、よろしかったら、ご活用ください。

脳出血、脳梗塞の方、エネルギー・スキャニング(無料)を試してみみたい方

また、何かありましたら、お問い合わせください。

お問合せ

健康、ありがたいものですよ!><)。