ほんとうはよくわかっている子供たち

愛するみなさま

こんにちは。(^◇^)

いつもみんなのヒーリングルームに来てくださってありがとうございます。

あなたがこの場所でリラックスしてお過ごしになれるといいなと思いながら

書いています。

前回記事では、私の子供時代について書いてしまいました。。

おつきあいくださりありがとうございました。

私が地球に来る前にいた場所とあまりに違うので、それで驚き、

地球の特徴的な点を否定的にとらえてしまった、という、今回の人生の

スタートでした。

現在の私の目の前に、当時、幼児だった私がいたら、

事情を察して、的確なことばがかかけられるのにな、と思ったりします。

どんな大人も子供も、そのひとの事情にかかわらず、誰かから

ありのままの自分を理解されたい、というニーズがありますから。 ^^

私が特別だったということではなく、、、

赤ちゃんは、過去世をよく覚えていますし、今回の人生はこんなふうにしよう、

と、大人の考えを持っているようです。

彼らの目をのぞきこんで、ただ、無邪気だけでなく、”よくわかっている”、

という気がすることがありませんか?

そう、彼らはよくわかっています。

まわりの大人の事情もよくわかっています。

でも、ただ、ことばにして発することがまだできないだけです。

それが、幼児になっていくと、一般的な意味で、”子供らしく” なっていきます。

私の知りあいの子供で、彼が3才くらいのときに、明らかにこの子は

エーテル視力がある、とわかった子がいました。

また、彼はテレパシーも普通にしていて、私がこころの中でつぶやいた

ことにも、返事を返してきました。

しかし、、現在彼は小学校3年生で、もうエーテル視力はないです。

あいかわらず人の気持ちに非常に敏感ではありますが、

大人が真実をフェイクすることばも、うのみにするところもでてきました。

奇妙です、、、彼はものすごくかしこい魂ですが、、、

地球モードになると、やはり、おおいなるもの、本源に対しての叡智が、

本来持っている認識能力より、相当せばまるのでは、と、理解しています。 

(↑ この一文はだめだ、と今日、上から言われました、すみません、削除します!)

もしくは、叡智への共振が、より、無意識的に移行する、という理解にしたほうが

いいのかしら。(*^_^*)

(↑ でもこれ、(近い)未来は変わるでしょうね! 

叡智を保持したままの人間が増えていくでしょうね。)

とにかく、あなたも、あなたが現在認識しているよりはるかに膨大な叡智を

持っている存在です。ただ、忘れた役をしているだけです。

地球では、一種の記憶喪失になることで、二面性から学ぶことがあるのでしょう。

リアルに体験できますから!

光と闇。 右と左。 いつも何かしら対になることがあります。

その中から選択すること。 

迷うことすら、学びの一環になります。

さらに、間違える、ということも貴重な学びです!

(肉体を脱いで、向こうに帰ったら、間違うなんて体験、したくても?できません!)

ということで。

今日も私におつきあいくださりありがとうございました。

あなたに愛をこめて。