家系のヒーリング

親愛なるみなさま

今日も、あなたがいてくださることを感謝いたします!

今回は、Mさんのリクエストにより、家系のヒーリングについて、再度、アップいたします。

家系のヒーリング

私のヒーリングのお役は、純化(Purification)です。

今日ご案内するのは、家系のヒーリング、です。私は、これは、全部の方が必要だとは思っていません。ただ、これが特に必要な方が一部いらっしゃると思いますので、ここに記しておきます。ぴんとくる方だけ、以下、お読みください。

その家系の中で、さまざまなお役の人がいます。

社会的な立場を作り出す人、維持する人、それまでのパターンを壊す人、遊ぶ人、病気を経験する人、家族の維持のために働く人、、、性格、性質、気質、価値観、志向性、同じ家系の人々でも、さまざまです。

2017年現在、NHK大河ドラマ<おんな城主直虎>が放映中です。 御覧になっている方いますか? ^^)

主人公直虎は、戦国時代の女性ですが、直系の男性が絶え、結果、井伊家の城主となりました。

しかしながら、紆余曲折、時世の変化により、彼女は、一農婦となりました。

ひとりの人間の身分が、外圧により、こんなふうに劇的に変化することも、時にあるかもしれません、

井伊家は、時代が下り、江戸時代中期にはもっと、興隆した家になっています。

家系の流れ、というものがあり、この中には、先祖それぞれの価値観、経験、為したこと、な為さなかったこと、、ありとあらゆることが、(いいわるいではなく!) 脈々とあります。

今生きている人の両親、そのまた両親、そのまた両親、、祖父母の名前を覚えている人はいるかもしれませんが、それ以前の世代の名前を記憶している人は、家系図があり、見る機会があった方はともかく、案外少ないと思います。

100年前、200年前も、確かに、同じ家系の誰か、その人々は生きていたはずなんでした。

よく、古いお芝居などで、<7代までたたる>などというこわい表現があります。これは意味があります。 7代前の人までが、その人と直接なつながりがある、、という意味です。

というのは、自分の両親から、、、、7代前の先祖まで遡ると、血の濃さは、1.5625%にまで、目減りします。8代まで遡ると、1%を切るので、あまり関係がある、とは言えなくなる濃さです。

なので、この、7代前までの人の傾向が、肉体レベルでは、ほんの少しだけ、影響してくるかもしれない、というのはあります。これはこわい意味ではないです! 今生きている人みんなそうです! それぞれの先祖か、その時代を、本人がよかれ、と、思って生きてきているわけです。

たとえば、戦をしてきた武田家、また、風流を好んだ今川家、とは、全然別の家系の傾向があります。

よく比較されるのは、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康。天下取りをした3者です。

ご存じない方のために書きますと、、

たとえば、

昔の日本。春のうららかな日。

今、目の前にある木に、ホトトギスがとまっている。あのホトトギスが鳴けば、さらに風流な気分は高まりいいのに。ホトトギスは黙したまま。 

私はホトトギスの声が聴きたい。ぜひとも聴きたい。

では、このホトトギスの声を聴くために、それぞれの武将がどうするか? という例えに。五七五で。

織田信長<鳴かぬなら、ころしてしまえ!ホトトギス>

豊臣秀吉<鳴かぬなら、鳴かせてみせよう、ホトトギス>

徳川家康<鳴かぬなら、鳴くまで待とう ホトトギス>

あなたなら、どれですか? ^^;)

私が子どもの頃、上記の話を聞き、家康さんが一番いいと思い<ホトトギスが鳴くまで待つ>と言ったら、父から、<秀吉のほうがすごいではないか。ホトトギスを鳴かすべく工夫すべきだ>、と、言われてショックを受けたのを覚えています。

これは、当人がそういったわけではなく。江戸時代の人が、彼らそれぞれがきっと言いそうなことを書いたということですが。。それぞれの武将のかんじ、が、伝わってきます。

信長なら、自分の思い通りにさせるため、かなりの強硬策をとるだろう。極端にいえば、自分の言うことを聞かない人間はころしてしまうだろう!

秀吉なら、非常に身分が低いところから、その時々の上司に、気に入られるように非常に気をつかい、創意工夫、功績を上げ続け、結果、天下人になったわけです。なので、工夫して、何とか、ホトトギスを鳴かすのではないか、と、後世の人から言われた。

家康は、幼少の頃から青年期まで、強大な今川家に、人質としてとられ、子どもながら、とても苦労している、、なので、その中で、大人たちの動向を余すところなく見ていた。 結果、人をどうしたら動かせるか、人をどう扱ったらいいかを、骨身にしみてしっている。。だから、<好機まで待てる> それゆえ、徳川家は長く続いた。。。。

とにかく、、、その家系により、そのいのちの流れ、、というものは、独特なものがあります。 武士、農民、公家、特別な身分、、、その立場からも、経験は全然違います。

あなたは、ご自分の家、、お父さんの、また、お母さんの家のストーリーをご存じですか?

^^)

たとえば、、私の母方は、少なくとも700年は遡れる家系図があります。小さな城持ちの城主だった時代、また、戦に敗れて、落ちぶれた時代、国変え、また興隆した時代、時代の名士になった時、ふつうの時代、いろいろありました。。 もう生きるにたいへんだった時代、また、のびのびと暮らせた時代、、いろいろです。 苗字も、その都度、100年もたたないで変化しています!

私は、時に、家系のヒーリングをさせていただくことがあります。

3代前、もしくは、7代前までの、一番血の濃い直系の人たちについて、簡単な家系図を書いていただき、そこに流れるテーマ、また、流れ、のうち、とてもいたましいものがあるなら、それを、純化していく、といったスピリチュアルヒーリングになります。

これをすることで、そのクライアントさんが漠然と抱えている、何とも説明のつかない生きにくさ、何とも説明のつかない、目に見えないレベルで背負っている思い何か、強迫観念のようなものを、軽くしていくことができます。

また、、特に、家系の中で、スピリチュアルな感受性が高く、スピリチュアルな意味で、代表になるような方に、受けていただく流れになっています。 これは、どうしても、その人がそうなる、と、決まっている感じで、私は、家系のヒーリングのオファーを受けます。

ある方の家系のヒーリングの実例をお話します。

この方の中世のご先祖は、1800年代はじめ、その地区の農民のまとめ役でした。

ある時、凶作の年があり、食べ物がなくなり、農民が多数死にました。 なんとかしようと手をつくしても、力は及ばなかった。むごい光景が広がりました。 このご先祖には激しい悔恨が残り。。。

このクライアントさんは、こういった、父方の家の歴史を、祖父から、何度も何度も聞かされていたそうです。

そして、、この話を聞いて、私からは、このクライアントさんが負っている、<その食べられずくるしみしんだ人たちを弔う>、といったテーマが、家系の中に、まだ継続されていて、この人こそ!、それをクリアすべき方である、と、かんじました。 そして、この件でやりとりしているうち、家系のスピリチュアルヒーリングを受けていただく話がまとまりました。

この方の家系ヒーリング直前に、このクライアントさんのそばには、もう本当にたくさんのうえた農民がむらがってきているのをかんじました、、100人以上の人々(この場合、当時の飢えて死んだ農民たち)がぎりぎりの絶望的状況になって、こんなおそろしげな姿になるのか、と、絶句しました。。。(これは、霊といった意味ではなくて、私がアクセスしているのは、<大気が保持していた記憶>、です。)

要するに、過去、そういう人たちがいた、その時に感じた心境の残像のようなものが、まだ大気中に残っていて、この癒しの時(ヒーリング)のチャンスに、盛大に表にでてきた、、ということです。

このクライアントさんは、自分が社会的に活躍していこうという時に、誰か、第三者のたくさんの人々が、何らかいのちにかかわるような苦しみを得ないか? という、漠然とした不安に、発作のようにさいなまれる時がある、現実の理由はわからず、、ただ、そういう心境に連れていかれることで、活躍することにストッパーがかかる、、、というのが悩みでした。。。

家系ヒーリングは、60分かかりました。

これら、うえた農民たち(の記憶)に、天からの光が燦々と届き、、彼らの記憶は、盛大に癒されていきました。 光をあびて、彼らは、つらさにとじこめられていたものがはずされ、ラクになり、光に溶けて戻っていきました。。

また、、この時の、彼らのつらかった記憶、感情の名残りが、やはり、彼らのいた土、土地の記憶から癒されていきました。。

もう、これは、上から降りてくる光により、すべて、そうなるべきヒーリング、というものです。。 私は光の窓口であり、それを方向づける役です。

また、このクライアントさんの直系のご先祖様のうち、この、農民のまとめ役をしていた方のくるしみも、癒されていきました。。 これも、非常に感動的な癒しがおきました。

その人のくるしみを中心として、それ以降の人々に漠然とした翳りが継承されていて、、それらも、同時に、光で、はぎとられていきました。。

ヒーリング後のクライアントさんは、明るく輝き、、、何かわからないけれど、とにかく、自分のパワーをそぐわないようにしたい、自分が活躍することで、誰か多数の人たちが苦しむのでは、、といった強迫観念のようなものはなくなり、すっきりしている、何か生きやすい、弔いは終わり、、といった感覚が深いところから起きて、涙がでてくる、、、と、驚いていました。。

ということで、家系ヒーリングについてお話してきました。

ただ、これは、すべての人が受けたらいい、とは、私はあまり思っていません。

というのは、どの家系にも、さまざま喜怒哀楽のドラマがあり、いろいろあります。 また、たいへんな時期はどの家系にもあります。

家系の中で、スピリチュアルな役がある(スピリチュアルな感受性がある方)方、、ご両親かや、または、どちらかの親御さん、祖父母さんから、<うちの家の歴史は、、>などと、、話を聞いており、その中に、まだつらそうなものがあるな、、私の代で癒したいな、などと感じる方なら、このヒーリングの対象になります。

今まで、日本史の教科書に載っているような戦、事件、といったものに関係したご先祖様をもつみなさんにも受けていただいて、喜ばれています。

家系ヒーリングは、癒しの対象が広いので、料金は高めです。50,000円になります。(といっても、あなたがもし、私がすることをみていたら、これでも安いと思うかも。。^^))

・家系のヒーリングは、クライアントさんを直接ヒーリングするのではないです。なので、お申し込み後、一週間以内に、最善のしっくりくるタイミングで、ヒーリングをさせていただく形になります。そのあとご報告いたします!

・家系のヒーリングは、お父さんの家系、またはお母さんの家系、一回に、どちらかの家だけが、ヒーリング対象になります。

・お申し込み後、直系のご先祖さまの簡単な家系図を書いていただくことが必要です。わかる範疇で大丈夫です。また、家系のストーリーも、わかる範疇でお知らせください。(たとえば、武家だった、長崎の在だった、とか、、、、) 特に何か気がかかりになるものは、まだ癒しが必要なものである可能性大です。

ということで。。何かご質問がある方はお問合せください。

または、お申込みは以下からです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

あなたのお申込みは、家系ヒーリング +前後メール 50,000円です。
以下、あなたの情報は、みんなのヒーリングルームあてにのみ、メール送信されます。 

(このブログ上に、入力情報は残りませんので、ご安心ください!)
あなたのプライバシーを厳守します!!!!!
・・・・・・・・・・・

あなたのお名前 (必須)

メールアドレス (必須)

どちらのご家系のヒーリングをご希望されますか?ひとつだけ選択してください。(必須)
母方父方

お支払いのご希望>
・銀行振込希望・paypal(クレジットカード)支払い希望(アカウントをすでに持っている)・paypal(クレジットカード)支払い希望(アカウントは持っていない)

以下、チェックボックスに、チェックを入れて送信してください。
チェック!