赤ちゃんの話 ヽ(^。^)ノ

愛するみなさま

いつもみんなのヒーリングルームに来てくださってありがとうございます!
今日もあなたのお役をしてくださって本当にありがとうございます。(^-^)
あなたの存在にこころから感謝しています! 
さて。少しこのブログを不在にしました。
みなさま、いかがお過ごしでしたか。 (^-^)
きっと、あなたのいろんな毎日があったことでしょうね。
さて。今日はとてもシンプルなお話を聞いてくださいね。
私はパスに乗っていました。
関東バスさんの三鷹行き。
車内はすいていました。
アフリカ系の20代後半と思われる男性と、その奥様とみられる20代前半の
日本人女性が乗客として乗り込んできました。
アフリカ系の男性の腕には、1才になるかならないかの、
ハーフの赤ちゃんがしっかりと抱かれていました。
彼女は、髪の毛がくるくるしていて、かわいい。
アフリカ系男性が、席に座ると、そのすぐ後部座席に
60才くらいの日本人中年女性が座っていました。
抱っこされている赤ちゃんは、中年女性と向き合う形になりました。
彼女は、赤ちゃんをかわいいと思ったのか、しばらくたつと、
≪いないいないばあ≫ をしていました。
赤ちゃんはきゃっきゃっしている。
お父さんは、後ろの女性にちょっとあいさつ。 ^^
しかし、中年女性は、降りるバス停だったらしく、赤ちゃんに
バイバイして、バスを降りました。
すると、赤ちゃんの2つ後ろの後部座席に座っていたお祖母さんが
赤ちゃんに手をふったり、あやしたりをはじめた(^-^)
まあ楽しい。。と、その光景を後ろから見ている私。
そして、また、、そのお祖母さんも名残惜しそうに、赤ちゃんにバイバイして
バスを降りていった。
すると、お祖母さんのそのまた後ろに座っていた私と、赤ちゃんの目が
あった。
かわいい、とってもかわいい!
くりくりの縮れ毛。大きな黒い目。
明るい闊達な赤ちゃん。
で、、
次に彼女に≪いないいないばあ≫をしているのは私でした。。ヽ(^。^)ノ
かわいい。なんてかわいい。。
赤ちゃんがいると、場が和む。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
でも、赤ちゃんが泣くと、ちょっと迷惑そうな顔になる人もでてくる。
いやいや、あなたも、あんなふうな赤ちゃんだったんですよ。 (^-^)
赤ちゃんを泣きやまそうと困っているお母さん、お父さんに声をかけて、
(親が焦ると、さらに泣きだしますものね。 ^^)
≪赤ちゃんは、泣くのも仕事ですからねえ。元気でいい声だ!(^-^)≫
なんて、笑顔で声をかけてあげたらいいですよね。 (^-^)
だいじょうぶだいじょうぶ。
ちょこっとずつ助けあって生きていたらいいですね。ヽ(^。^)ノ
お互いさま、というものです!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
また、車内で泣いている赤ちゃんを見かけたら、その赤ちゃんに対して、
≪アイスブルー≫ なんて、何度も何度も、ぶつぶつ、こころの中で
唱えていると、
その子は結構高い確率で、早々に泣きやみます。
特に何も考えず、≪アイスブルー、アイスブルー、アイスブルー、、、≫
これはホ オポノポノのクリーニング方法でした。(^-^)
≪アイラブユー≫ のことばもいいですね。
アイラブユー、が嫌いな人は、いないのでは?
忙しい、世知辛い社会、と思われていますけど、和む空気を
私たちひとりひとり、ちょこっとずつ、作れてもいいんですものね。(^-^)
ということで。
今日もあなたにありがとうございました。(^-^)
愛をこめて。