自分らしさを取り戻していくプロセス。。

愛するみなさま

こんにちは。

みんなのヒーリングルームへようこそいらっしゃいました。

あなたがこの場所でリラックスしてお過ごしになれるといいなと思って

書いています。。

さて。。。

今までたくさんの人にお会いしたり、また、お話を伺うチャンスがありましたが、

その中で、たったひとりだけ、こういう方がいました。

『子供のころから、両親との関係がうまくいっている。

感じたこと、体験したことすべて、親に全部、思うまま話せたし、親は全部、

私を認めて愛してくれるので、何の問題もなかった。

だから、今も、何かちょっとしたストレスを感じると、自分の内側にためておく

ことができなくて、全部、ありのまま、相手に話したくなってしまう。

私がこうだから、世の中のすべての人が、両親との関係がうまくいっていると

信じて疑わなかった、、、だから、両親との間に葛藤を抱いているひとのほうがむしろ

多いみたいだ、と気づいたとき、多いに驚いた』 

うん、、このひとは非常に恵まれている人です。

幸せに越したことはありません。

自分で経験していないことは想像しにくい、、それは無理ありません。

このひとはまれなケースです。

両親との間は通常、多少のぎくしゃくはつきものですが、

それが、非常にたいへんだった場合、こどもはサバイバルモードになり、

環境に高度に適応して、生き残ることを選択します。

それは、そのとき、こどもができる最善のことだったでしょう。

その子はほんとうにがんばって生きてきたわけで、

十分ほめられてしかるべきです。

しかし、それが、後々、何かのひずみになり、その結果、

自分にとって、大事なものを取り戻すためのプロセスをたどるひともいます。

あるいは、その経験を、ひたすら、生きていく強さに変えていったひともいます。

その両方をたどるひともいるでしょう。。

どういうプロセスがいいとか悪いとかいう話ではないです。(^^)

あなたかもし、こういった傷を抱えているひとで、ご自分の再生のための

プロセスをたどろうとしているひとだとしたら、、

あなたがおひとりのときに、安全な静かなスペースを用意して、、

ご自分の本音、、ほんとうの気持ち、、にじっくりとアクセスすることは

とても大事です。

それがどんなものであっても、あなたの大事な一部分だということを

認めて、一緒にいてあげることは大事です。

それを裁かないことも大事です。

自分に対しては、ほかの人に対してより判断が厳しくなってしまうのは、

みんな何かしら持っている考え方のくせのようなものでしょうか。。

そんなことないのにね。。。

  

(^-^)安心できるちょっとした空間を、自分のために用意してあげるのは、

どんなにあなたを助けることでしょうか。

たとえば。。

カフェにひとり。。 コーヒー、ノートを広げながら。。

ゆったりその場所にいることは、私の大好きなことのひとつです。。 

私はそこで、何を感じても、何を考えても自由です。。(^-^)

あなたが今日も幸せでお過ごしになりますように。。

愛をこめて。。(^-^)