聖なる父性のヒーリング② 父から与えられたテーマは。

愛するみなさま

いつもみんなのヒーリングルームに来てくださりありがとうございます。(^-^)
今日もあなたのお役をしてくださりありがとうございます! (^-^)

みんなのヒーリングルームは、みなさまのおかげさまで、活動中です。^^
ブログに登場していないと、あなたは、私が活動していないと思うかもしれませんね。^^ふふ。

来てくださっているのに、なかなか新着記事がなくてすみません!^^
いつもありがとうございます。(^-^)

VectorBg.Net
引き続き、聖なる父性のヒーリングのお話を続けさせていただきます。^^

私たちは、赤ちゃんの形をとって、この世に生まれる時、
母親の子宮から離れ、個別の身体を得ます。

子供がまだ小さいとき、、母親は、わが子を、オーラの中にくるむような感じがあります。 
実際、そういう形をとっているわけではないのですが、私からはそんなふうに感じます。^^

特に、赤ちゃん、幼児時代の子供は、母親から守られています。
(赤ちゃん、幼児のオーラは、ほやほやで、とっってもデリケートです!)

成長につれ、自己主張がでてきて、≪わたし、、≫≪ぼく、、≫という言葉が増え、
その子は、自分のカラーを主張していきますよね。^^

その子が、思春期くらいになるまでは、特に、母親からの影響は濃厚です。。。

では、、、父親は? どんなふうなのでしょう?
ここで、ご一緒にちょっと、振り返ってみましょう。^^

あなたのお父さんは、あなたにとって、どんな存在でしたか? ^^

どんなお父さんかによってももちろん違うのでしょうけれど。。

父親は、子供にとって、”自分と似ているけれど、明らかに自分とは違うもの”、
という認識を、生まれて初めて、される対象なのでは?

子供にとって、父親からの栄養もとっても大切です。

父親が、
・どんなセルフイメージをもつているか?
・家族に対して、どんなふうに感じているか?
・自己がちゃんと確立しているか、
・どんな価値観を持っているか。
・何が好きで何がきらいか。
・どんなチャレンジを選択している人か、または、経験せざるをえなかったか。
・社会性の確立具合はどうか。
・その他いろいろ。。。

父親を、さまざまな切り口からとらえてみると、
どんな人なのか、、、
もっと理解が進むかもしれません。

父親は、子供にとっての、社会の、最初の窓口になるのではないでしょうか。
父親が、社会に対して、どんな感じ方を持っていたか、どんな立場を経験していたか、は、
即、子供にとって、一番身近な、社会的実例になります。。
それも!土台になります。

彼の美徳、美質は、即、その子供のものであり。

また、彼のチャレンジ、テーマは、即、子供にとってもそうだったりします。
父子は、同じようなテーマを、別の視点から、体験していたりします。

今日はここまでです。
おつきあいくださりありがとうございました。(^-^)