マリア・カラスの生涯 ① 20世紀最高のソプラノのドラマチックなスタート

愛するみなさま

今日もあなたのお役をしてくださってありがとうございます! ^^)

今日は、マリア・カラスのお話を。。

マリア・カラス 20世紀最高のソプラノのドラマチックな人生。

画像:wikiから。

マリア・カラス(1923~1977)

アメリカ、ニューヨークで生まれた、ギリシャ系アメリカ人。

間違いなく!20世紀最高のソプラノの一人であり、また、ドラマチックな人生を歩んだ人。

1923年、マリアは、ニューヨークで生まれた。家族は、父母と、7才年上の姉。

母は、自分が果たせなかった夢を、娘に託し、姉娘には、一流のピアニストになるように、また、マリアには、一流の歌手になるよう、厳しい音楽教育を施した!

母は、姉娘をかわいがり、マリアとはあまりうまくいかなったようだ。

父は、妻の教育方針に反対をしたけれど、結局、娘たちは、母親の決めた将来プランに沿って育てられていく。

マリアは、良い声を出すために身体が資本だから、と、母から、甘いものを、こってりと与えられて育つ。。。その結果、とてもふくよかな、、一説によると、娘の頃には、173cmの身長に100kgとなった。。 肥満は、マリアのトラウマに。。

両親は不仲になっていき、離婚。。

母親は、娘2人を連れて、故郷のギリシャに帰ることする!

数年間は、ニューヨークに残った父親からの養育費が、送金されていたが、、1941年、マリア18才になる頃には、(第二次世界)大戦の混乱のため! 間遠に。。。

母親は、それまで、別れた夫からの養育費と、個人的な財産を切り崩しながら、娘を教育する専業主婦として、生活を続けていたが、それもだんだん先細りに。。。

姉娘は、その頃つきあっていた金持ちの息子に、家庭の事情を話し、、彼が、カラス家の生活費のめんどうを全部みることに! 姉と母親はそれで満足していたが、マリアは、<これは絶対によくない!自立しなければ> と、強く思っていた。。。。

1941年のギリシャは、第二次世界大戦がはじまっていて、枢軸国によって、分割占拠されていた時だ! ドイツ軍、イタリア軍、ブルガリア軍の軍人がアテネに駐留していて、、、、

一説によると、~1945までの間に、ギリシャ人30万人以上が、この3国の占拠による負担から、餓死したといわれている。。。穏やかではない。どんなに生きにくい暗い時代だったろうか。。。

こんな非常事態下で、女性だけの3人家族が、姉娘のつきあっている彼氏をあてに、なんとか、生き延びれたのは、よかったのではないかと。。。

マリアはアテナ音楽院に入学。

その際、声をみてくれた、デ・イダルゴという女性は、マリアの才能にほれこみ、学校の授業料を免除!してくれた。 さらに、マリアが生活費を稼ぐために、歌える場所(今でいうバイトか!)すら、紹介してくれた!

マリアは、イタリアンハウス、という、場所で、歌を歌うことで、お金を稼いだ!

第三者の証言によると、マリアと親密なやりとりをしていたらしき、イタリア人男性がいたそうな。。。 (しかし、この時は戦時下! 敵の男性と付き合うなど、とんでもない!というとらえ方のほうが一般的だっただろう。。)

、、食べるために!生きていくために!

敵(イタリア人)に対してだとしても、、歌を歌う、うるわしく魅力的に。。

とにかく、、

やりとりしているうちに、敵の男性の中にも、すてきなひとがでてくる、、と、恋にひっぱられていくあたりは、マリアの生きる情熱というか、、、外界の事情に関わらず、<わたしという個人>が、きっぱりした人だからなのか?

意志がとても強い顔立ちに見えるのだけれど。。

とにかく、協力者である、デ・イダルゴのおかげで、オリンピア劇場にて、マリアは歌手デビューを飾る! 絶賛される!

1945年、戦争も終わり、平和が戻る。アテネも占領から解放される。他国軍はいなくなる。

これから、いよいよ本格的に歌手活動ができる!と、喜んだのもつかのま、、、、

戦時中に、イタリア人の彼氏?がいたことを、歌手仲間から指摘され、それは、マリアへの強い非難になっていき、、、

結局、マリアは、ギリシアでの歌手活動を、事実上、できなくなっていく。。

戦時中に、敵国の相手に恋したために! その理由で!国の劇場から締め出される。。。

マリアは、きっと、この恋をした時はとても若くて、相手(イタリア)と自分(ギリシア)の背負っている国の事情など、自分には関係ない!恋を抑える理由になんてならなかったのではないか!?

若くて、<わたし>という強烈な自我があって、自信ともろさと、諸刃の剣のような繊細さをもって、、

とにかく、、、1945年、ギリシャでの歌手活動に見切りを付けざるをえなくなり、アメリカに舞台を移すべく、つてをさぐる。。

(同様に、第二次世界大戦時に、敵国の恋人を持った女性が、、戦後、同国の人間から、どんなにひどい扱いを受けたか、、、ギリシアはこの点、まだましな方ではないかと思われます!><)。。

マリア・カラスに話を戻すと、、

アメリカで歌手活動を試みたけれど、、しかし、これはあまりうまくいかず、、、

知人のつてがあり、イタリア人の、ジョバンニ・バッティスタ・メネギーニを紹介される。

この時、マリアは23才で、メネギーニは、51才。

メネギーニは、ロミオ・とジュリエットで有名な、イタリア、ヴェローナの名士だった。レンガ工場を経営し、しろうとながら、熱烈なオペラファンだ。

この人なら、何か、マリアの活路を開くきっかけを作ってくれるかもしれない。。。

(続く。)

・・・・

<マリア・カラスの伝記映画を参考にして構成。>