ちょっとあぶなかった話。

愛するみなさま

今日もあなたのお役をしてくださりありがとうございます!^^)

ちょっとあぶなかった話。

私は、先日、東京、杉並区のある住宅街を歩いていました。

戸建ての家々の敷地内、小さな庭や玄関口など、様々な花が咲いていて。

白モクレン、チューリップ、桜も、一部咲きはじめていて。。

色とりどり、花のいい香りもして。春はいいなあ、、と、のんびり歩いていました。。

すると、、すぐ右側の横道から、いきなり、自転車が飛び出してきました。

30才くらいの男性が乗った自転車が、けっこう早いスピードで、私めがけて突っ込んできました。。

私は逃げられない、彼もハンドルをきるには、もうあと2mのところまできていてムリ。

このまま衝突するだろう、、、

彼の驚愕した表情がよくみえて、、近づいてくるのが、すごく早いスピードで、かつ、とてもスローモーに感じて、、

で、次の瞬間、、何かが起きて、、

彼の自転車は、私の右側を、通り過ぎました。。

何事もなかったように。。

衝突から助けられました。。。

私は彼を振り返り、また、彼も私を振り返り、、

私は、彼に対して、とっさにこんなふうに声をかけました。

<(次は)気をつけてね。>

自転車での交通事故、、案外ありますね。。。

自転車の速度が速いと、衝突は、かなりの衝撃になります。

高齢者なんて、ひとたまりもなかったり、、あるんです、、、

自転車に乗る人は、運転する際、あまり早すぎるスピードでないほうがいいかもしれないです。。。

まして、スマホをみながら、とか、、あまりおすすめしないです。

また、これに付随した話で。

旅行用トランク、、2つ車輪がついていて、、簡単に手押しできるもの。

これを、道歩きで持って歩く時には、、やはり、注意必要ですね。

人間は、自分の身体以外、、所持しているモノが、もしかしたら、人に当たるかもしれないのを、わからないと思われます。

これは去年の話。

私の知人、70代女性が、駅での通りすがり、若い女性が持ち歩きしていた旅行用トランクをぶつけられ、転倒しました。。

若い女性は、転倒した人に、<あ、ごめんなさ~い!>とだけ言い、そのまま気にせず、スタスタ行ってしまったそうな。。何かの楽しみに夢中になっていた模様。。

(ぶつけられた側の知人は、背骨がとても痛くなり、倒れたまま! 救急車で病院に運ばれ、背骨にひびが入ったのがわかる。2カ月の安静。。現在はありがたいことに回復。。)

若い時、元気な身体をもっているなら、他の人も全員そうだ、なんて漠然と思うのかも。。

あまり、、身体や精神に何らかのセーブがある人、また、年齢があがって、何かとデリケートな身体をもった人のことを、(そういう人が身近にいない限りは)、臨場感をもってわからないのは、ふつうだと思われます。。 私もそうでしたから。。

ただ、、そういう、いたわるべき特定の状況の身体をもった人たちも、案外多くいるんですよ~、、ということだけ、ここで書くことにします。

みんなで生きていますので。 ^^)。自分の家族だけでなく。

近所の赤ちゃん、誰かのお父さん、お母さん、隣町にいる女の子、遠くの国にいる男の子、おばあさん、おじさん、おばさんも、みんな、この時代を、一緒に生きている仲間です。

今日も、あなたのお役をしてくださり感謝いたします! ^^)