昔、インドの駅で、長距離切符を買った時の話。

愛するみなさま

いつもあなたのお役をありがとうございます!(*^^*)

今日は昔の話をシェアさせていただきます。。

昔、インドで電車に乗ったときの話。。

私は、その年、、、一カ月間、夫と一緒に、インド旅行中でした。。大きなトランクを、それぞれがひとつずつ所持して。。

移動は主にタクシーを使った。タクシーから降りては、舗装されていない土埃の道を、もしくは、舗装されているけれど、土埃で覆われた道を、歩いていきました。。

インドの北~南まで、それぞれの州により、文化も言語も全然違う!

州の国境をひとつまたぐと、全然違う人たちとの出会いがあり。まあ、大きな国というのはすごいことだね、、と驚きました。。

どこの土地からか失念しましたが、とにかく、大きな駅から、地方都市への長距離列車に乗ることにしました。切符を買わなくては。。。

インドのある駅の鉄道窓口は、ものすごくたくさんの人たちであふれかえっていて。。

建物は、日本の小学校体育館半分くらいの広さ。切符販売の窓口は、3つ開いていて。日本の銀行窓口のように、サリーを着たインド女性が着席している。。

切符販売を待つお客さんたちは、3つの窓口に、各、長い列を作っていて。。

私たちが到着したときには、すでに待つ人たちは、百人はいるかと思われた。

主に、ベージュのシャツにグレー系のズボン、サンダルをはいたインド人男性方(男性ばかり!)の何となくカレー臭のする体臭と、、欧米人の旅行者(こっちも男性ばかり!)の、土埃にまみれた衣服、、日焼けた精悍な顔(映画のインディジョーンズみたいな人たち!)、、そういうのに、ちょっと圧倒されながら、、、私たちも長い列に並ぶ。。

私たちが列に並ぶと、インド人男性方、、20代~50代の人たちが、一斉に私を!振り返り、凝視する。。。

私のこの時の服装は、緑色のパンジャビスーツ、という、インド服。綿100%の長袖ワンピースの下に、同布のパンツをはいている姿。足にはサンダル。でも、外国人らしいのが、日差しよけに、白いつばの広い帽子をかぶっていた。。。

私を凝視しているインド人男性方は、インド系女性、もしくは、白人女性には慣れている。でも、私のような、ネパール人でもなさそうなアジア系女性は、当時、とても珍しかったのだろう!

この、<異物(私)>に対する、容赦のない視線は、けっこう続いた。彼らの好奇心が満足するまで、私の頭の先から、つま先まで、じっっと、見ていく。。。至近距離から、女性に対する、ぶしつけすぎる視線って、、、

私だって負けてはいない。こんな視線につかまって、いちいちたじろいでいたら、インド旅行なんかできない! こちらも、毅然とした強い視線でいる!(^^;)ふうふう。。やれやれ。。私の眉間にはシワがより、口はへの字になりそう!

中長距離の切符を買う窓口では、粛々と、ひとりずつ、切符購入が進んでいく。。

窓口のサリーを着たインド人女性は、お客さんの注文を聞き、お金を受け取り、切符を渡していく。とてもシンプル。なんの愛想もない。お金の受け取りもぞんざいな感じ。。。

ここが日本なら、これは、昭和30年代?のようなレトロな光景?

私たち、待っているお客は、立ったまま、じわりじわりと時間が過ぎていく。。。ここは多少エアコンが効いているから、炎天下の外で待つよりはましだけれど。。、

そのまま1時間経過。。まだ、順番待ちの列は進まない。。。

西洋人観光客がぶつぶつ話している。。。何だろうと思い、聞き耳をたてると、、英語だ、

<もう11時45分だ。昼になったらまずい!早く俺の番が来てほしい!!!>

ああ?どういうこと?

時間が過ぎていく、、、

すると、、、

12時きっかりになった。。

3箇所開いていた切符販売の窓口が、全部!クローズされた!

窓口に座っていた、サリー姿のインド人女の子たちが、さささ、、と、向こうにいなくなってしまう。。。。。。。ちょっと微笑みながら。。。

切符を買いたい人たちの列はまだまだずっと長くある!

何のフォローもなし。いったいどうなるの!?

ランチタイムだから休憩!、、ということらしい!

えええ、、まじすか、、、><)。。

窓口の女性方の姿は、向こうに行ってしまい、順番待ちをしているこちらからは見えない。。きっと、私たちの見えない場所で、くつろいで、盛大におしゃべりをしながら、カレーを食べているのだろう!! そう!インドは、カレーの本場だから!どんな料理も全部カレー味だよ!

このまま立った姿勢のまま、、切符を買いたい人たちの、神経だけがとがっていくようなかんじ。。。たのむ、、切符がほしいだけなんだ。。。長距離電車に乗るために!!

このあと、、、13時になると、窓口の女性たちは、ひとりずつ、席に戻ってきた!

そして、元のように、切符販売をはじめた。。。

私の順番がまわってきた時、、、すでに、ここに来て3時間は経過していたのではないか。。。。

貧血をおこないですんだ。。とにかく、長距離電車の切符をゲットすることができた!

この日だけが、とても混んでいた日だったのか? それとも毎日こうなのか?

日本のJRさん窓口で、新幹線の切符を購入したいとき、、職員さんの交代があり、ランチタイムだろうが、それにかかわらず、販売を継続してくれている、、

日本って、旅行者にフレンドリーな!何て居心地がいい国なんだろう、、などと思い、涙目になったりする。。。

この日は長距離切符を買うだけで、終了。

当日の切符を購入後、そのまま列車に乗りこみ、次の町に移動なんて、、疲れてむりなので、翌日有効の切符を購入した。。。。

この同じ日に、町からみた、インドの雄大な夕焼けのまぶしかったこと。。。

かああ、、っと、ものすごい太陽の夕焼けが見えたと思ったら、鳥が一斉に鳴きわめき、、それから、数分で、日は落ちて、暗闇が一気にやってくる!

このなんという自然のドラマ!

通りを点々と照らしている、ささやかなオレンジのライト以外は、闇だ。。。。

なんか、、、人間が囲まれている雄大な世界のことをおもったら、、切符買うのにたいへんだったことも、まあこれもいいか、、という気持ちに。。。^^)

おつきあいくださりありがとうございました。。。