家族関係に疲れている人にモーツァルトさん。(^-^)

愛するみなさま
こんばんは。(^-^)
いつもみんなのヒーリングルームに来てくださりありがとうございます。
今日もあなたのお役をしてくださりありがとうございます。(^-^)
・・・・・

≪家族はいいものだ≫という社会的常識があります。
しかし、その一方で、家族で悩んでいる方は非常に多いです。

親子関係がとてもさいなまれるものになったり。。

親から愛されなかったのでは。。

自己肯定できない方たくさんいらっしゃるでしょう。。

なぜあんなに頼りにならない親だったのか、という方。。

あるいは、、

わが子をどうしても愛せない。。。
わが子をぶってしまう。。というくるしみ。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そういうみなさんにいろんな癒しのためのツールがありますが。。
今日ご紹介するのは、モーツァルトさんです。

モーツァルトさんの音楽は、、人間関係に疲れたみなさんには
とても効くと思います。

MP3形式はだめです、あれは、栄養がごそっ、と抜けています。
CDのほうがまだいいです。

でも、本当は、一番いいのは、昔のLPです。
LPの音は、高音、低音、どちらも、CDでカットされている音も入っています。

LPが一番、こころの栄養になります。
でも今は、プレーヤーもあまりお持ちではないでしょうから。。

最低でも、CDがいいです。 (^-^)

・・・・・・・

・ピアノコンチェルト 20番 第2楽章

・ピアノコンチェルト 21番 第2楽章

・ピアノコンチェルト 27番 第2楽章

・アイネ クライネ ナハトムジ―ク

など、ポピュラーだと思います。(^-^)

≪フィガロの結婚≫や、≪魔笛≫の中にも、うっとりするようなアリアが
あります。 (原詩で歌えると楽しいですね♪ ^^ )

≪アヴェ ヴェルム コルプス≫もいいです。
深いです。

モーツァルトさんの音楽は、私、≪アイラブユー≫にしか聞こえません。
ずっと、≪アイラブユー、、アイラブユー、、≫って、言っているような音楽です。

(一部の作品を除く^^)

彼は、人生を通して、愛する人たちがいつもたっっっくさんいて、、、、
愛のキャパシティがおそろしく広いひとでしたでしょぅね。

以前、私が睡眠中、向こうの世界にいる時、モーツァルトさんのピアノ
コンチェルトを、向こうの音で聴きました。

すごい圧倒的な栄養でした。
聞くものすべてを高揚させる天の音楽。 (^-^)

・・・・・
私は、モーツァルトさんの家に行きたくて、昔、オーストリアまで行きました。ひとりで。

彼の楽譜は、書き損じがほぼなくて。。
推敲のあとがありません。

上から聞こえてくるままに書いたのではないかと。。 (^-^)

・・・

彼の書簡集もすてきです。
人間らしく生きています。 (^-^)

愛も希望も涙も、友情、名声、お金も。貧乏、病気も。。。

・・・・・・・・・・・

また一方、人間関係に疲れている人は、ショパンの≪別れの曲≫は
聞かないほうがいいと思います。

あの主旋律はとてもすてきです。

しかし、展開部は、、私、聞くと、細胞がバラバラに分かれていくような
感覚を覚えて、、、残念ながら、、、、弾けません。

というのは、ショパンさんは、あの曲を書いた時、恋人の男装の女性、
ジョルジュ・サンドさんと別れ、彼女の温かい家から出て、結核がひどくなって、
孤独のまま、死に向かう時でしょう。
暗いのは無理ないです。

彼女と別れざるをえなかったこころの苦しみがものすごいことだったのでしょうし、
その時、(当時の)死病に侵されていて、もう人生の先がない、という体調だったら、、、、、
想像すると、かわいそうです。。

・・・・・・・・・・・

ということで、脱線しましたが、人間関係に疲れている人は、モーツァルトさん! ということで。 (^-^)

オーケストラを実際に聞いてもすごくいいですね。 (^-^)

オーケストラのみなさんがモーツァルトさんのエネルギーにしっかり
乗っている時、、、、本当にうっとりします。

モーツァルトさんの曲は、しろうとでも、かなり練習すれば楽譜通りに音を出せるけれど、

それを聴衆のこころに響くように奏でるのは全然違うでしょうね。。。
私に言わせると、エネルギーの違い! (^-^)

・・・・・・・・・
えっと、、お話を戻すと、、、、、
いっぽう、独身の方で、孤独を味わっている方はとても多いです。
とても!多いです。

もしあなたが孤独を感じていて、≪この世には自分だけ≫といった心境に陥っているとしたら、、、
そういうふうに思っている人たちはたくさんいるんですよ。。
あなただけじゃないです。。

そういう方にも、やはり、モーツァルトさんは効きます。
≪アイラブユー、アイラブユー、アイラブユー≫ そう曲が言っているのを
聞いていたら、何か、深いところから癒されていくでしょう。(^-^)

それから、モーツァルトさんのお茶目も、曲の栄養からもらってください。
\(^o^)/

あなたが元気で自分らしくお過ごしになっているといいですね。
(^-^)

今日もありがとうございました。(^-^)
あなたに愛をこめて。

・・・・・・・・・・・・
P.Sおまけ

しかし、モーツァルトさんの最後の曲、≪レクイエム≫K626は未完で、
あれだけは、あまり癒されないと思います。。。。。 

モーツァルトさんの死後、すぐに、未完の楽譜を抱え、困った奥さん(コンスタンツェ)が、
お弟子さんのジュースマイアーさんに曲の完成までを依頼した。

(曲の依頼主が楽譜を取りにくるので!!
作品を完成させないと残りのお金がもらえない!)

曲の構想はモーツァルトさん。
確か3曲目まではモーツァルトさんが完成させていた。
そこまではすばらしい!!! (^-^)

でも、あとは、主旋律と歌詞だけだったのでは。。
骨組みだけ。。
それをどうする?
フルスコアにどう完成させる?

ジュースマイアーさんがんばった。。なんとかした。。。
(さぞかし困ったろうな。。。と、私は想像します。。)

このジュースマイアー盤を聞いてみると、、、

うーん、、、、、、

うーん、、、、、、、

うーん、、、、、、

うーん、、、、

ごめんね、、、ものすごくがんばってくれたと思うけど、、、、

うーん、、、、、、、、

という出来です。(^-^)  ははは。。。

長話になりました。 ^^