太平洋戦争の記憶。。。

愛するみなさま

こんばんは。(^-^)
いつもみんなのヒーリングルームに来てくださりありがとうございます!
あなたがこの場所でリラックスしてお過ごしになれますように。。。
今日もあなたの役割をしてくださり、本当にありがとうございます!
感謝しています!
さて。。。 
今日はちょっと重い話題で失礼します。 m(__)m
私、先日、ある90才男性からお話を聞く機会がありました。
太平洋戦争(1941- 1945)、開戦時の1941年に、中国(旧・満州)に
陸軍の航空武官として、赴任していた方です。。。
戦争終結後、ほどなく、ロシア軍が南下してきて、旧日本軍人は、
逮捕され、シベリアに抑留されました。。
その間、極寒の中、貧しいひもじい食事で、重労働をさせられたわけ
で、バタバタと人死にがでていったそうですが、、、 
(一説には、65万人の旧・日本軍人が抑留されたとか。。)
劣悪な状況下で、アメリカの研究者によると、34万人が亡くなったとか。。
この男性の場合、送られた先が、モスクワ郊外の土地だったそうで、
そこで、旧・ドイツ兵、イタリア兵らと一緒に、収容所生活を
送ったそうです。。。
彼の話を聞いていて、、、
90才過ぎの人生のベテランでも、こころの痛み、深い悲しみで、
癒されないものを抱えながらも、静かに、しっかり生きている方が
いるのだな、でした。。。。
1945年8月15日の敗戦まで、生き残れた旧軍人の方は、たいてい、
同期の、戦死者の人々に対して、≪自分だけ生き残ってしまって申し訳ない≫、
≪あいつの分も、自分がしっかり生きていかなくては≫の思いが、
強かったのでは、と、お察ししました。。
その思いが、日本をここまでひっぱってきたのでしょう。。
私は、娘時代に、通勤電車でいつも一緒になる、顔見知りの
おじさんが、シベリア抑留からの帰還者で、 その話まで、私に
打ち明けてくれたことがありました。
あまりのつらい体験談に、私は卒倒しそうになったのを思い出します。
私の娘のころはともかく、もう、戦後67年もたち、戦争経験者の
体験は、風化の一途をたどっています。。
彼らは静かに、この世を去っていきます。
。。。。。。
また、この戦争で、早くに命を落としてしまった方が、そのあと
生まれ変わり、そのつらい記憶がでてきて苦しむ方がいるのも
知っています。
今回の人生で、意味のわからない、特定の恐怖がある方は、
前世までさかのぼれる理由があるかもしれないです。。
(これはヒーリング対象。。。)
しかし、17年前、私が体験したように、旧・日本軍の隊列
(すでに肉体を失っている人たち)が歩いている、、といったことは、
そういえば、この頃は、もう見ないですし。。。。。
光の時代でもあり、どんどん浄化が進んでいるのは確かでしょう。。。
みんな癒されますように。
つらい記憶が癒されますように。
悲しみが癒されますように
痛みが癒されますように
嘆きが癒されますように
光と愛に変容していきますように。。
こころから切に切に祈ります m(__)m
愛をこめて。